スマイルハウスTOP > スマイルハウス(株)のスタッフブログ記事一覧 > 研修日記2019-其の参-

研修日記2019-其の参-

≪ 前へ|研修日記2019-其の弐-   記事一覧   研修日記2019-其の終-|次へ ≫
カテゴリ:旅行・日記

皆さんこんにちは「スマイルハウス」です。



研修日記2019~秋田、青森編~



第三弾になります。



前回の弘前城を後にし、次に向かった先は…



太宰治記念館「斜陽館(しゃようかん)」です!



私は結構、行きたいと思っていた場所なので…



ワクワク(´∀`)



斜陽館は青森県五所川原市にある小説家「太宰治(だざいおさむ)」の生家になります。




近代和風住宅の代表例として重要文化財に指定されています。



1907年に太宰治の父によって建築され、太宰治が中学へ進学する頃まで生活していたみたいです。



太宰治の死後、町の旅館経営者が買収し、旅館と記念館を併設した模様です。



名前も太宰治の小説「斜陽」から取り「斜陽館」になりました。



設立当時こそ太宰治ファンが宿泊する聖地的な旅館でしたが、経営は徐々に悪化し、現在はまた別のオーナーの元で記念館のみとして運営されているようですね。



さて、太宰治と言えば…皆さんも1度は耳にした事がある小説家であると思います。



恐らくですが、小学生の時なんかに授業などで作品も読んだ事があるかと…



そう「走れメロス」です。



ほら、知っているでしょ?(笑)



その他にも先ほどの「斜陽」や「人間失格」などの代表作も耳にした事があるかと思います。



太宰治自身は、波乱万丈な人生を送っており、自殺未遂や薬物中毒を繰り返し…最期は愛人であった人と共に入水自殺をはかり…



38歳という若さでこの世を去ります。



典型的な自己破滅型の作家だったとされており、死の直前に書き上げた「人間失格」は、太宰治の遺書のような位置付けとされているようです。



作品が良いのは当然として、その人生の闇具合?も魅力となり熱狂的ファンが多い小説家だと思います。



…熱狂的ファンが多いカリスマ性の高いアーティストって…



何か短命で、そして闇深いというか影がある人が多いような…



人はそんな作品の光、そして裏にある影に惹かれていくのでしょうか?

※哲学的だ~(笑)



とまぁ、前置きが長くなってしまいました。



つまり、何が言いたかったか?というと…



斜陽館のイメージと太宰治に抱くイメージにギャップが凄かったって事です(笑)



先程、旅館と併設して…と話があった通り。



デカいんですよね(笑)



680坪の敷地内に1階は11室、2階は8室に加え、庭園などもあり、当時は最先端であった近代和風の住宅…



太宰治って…



いわゆるボンボン!!



いや、もはや



スーパーお坊ちゃま!!!



だった訳です。



波乱万丈な影を落とす太宰治イメージに華やかな実家が何か違和感がありました。

※いや、私の勝手なイメージですけど(笑)



まぁ、見てください、豪華絢爛な姿を…






中々、この高級レベルの住宅はお目にかかれないですよ。



旅館にするのも頷けますな!



≪ 前へ|研修日記2019-其の弐-   記事一覧   研修日記2019-其の終-|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約