スマイルハウスTOP > スマイルハウス(株)のスタッフブログ記事一覧 > 研修日記-2017- 其の終-

研修日記-2017- 其の終-

≪ 前へ|北本・桶川のイベント情報&研修のお話も   記事一覧   今年も残すところ…|次へ ≫
カテゴリ:旅行・日記



皆様、こんにちは鴻巣市の「スマイルハウス」です。



ダラダラと続いてきた研修日記-2017-もいよいよと言うか…やっとと言うか…



「其の終」



最終回です!

ヽ(´▽`)/



前回の「世にも奇妙な」編よりホテルを後にし…



向かいましたのは



「大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)」



大浦天主堂は、長崎市にあるカトリックの教会堂で、1865 年に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物です。



こちらも世界遺産に指定されております。



…といっても私はキリシタンではないので良く分からない事は多いのですが…(汗)



時代的には江戸後期のようですので…



幕府による禁教令による弾圧。キリスト教が禁止されから…



明治初期に大浦天主堂に現地在住のキリシタン(日本人)が現れ潜伏していた信徒…「隠れキリシタン」という存在が表面化したという事や…



長崎は特に幕府、政府による大規模な弾圧受けた場所…という程度の認識しかありません…というか最近知ったばかり

m(_ _)m



窪塚洋介さんハリウッドデビュー!って話題になった映画「沈黙-サイレンス-」「天草四郎(アマクサシロウ)」などで興味をもった程度なんですよね。



どちらも江戸の初期の話だったと思うので…

「大浦天主堂」関連のとは時代背景がやや違いますケドね(汗)



建物自体は明治にゴシック調に増改築されており、創建時の姿ではありません…





ですが凄く素敵な建物です!

ヽ(´▽`)/



内部は撮影禁止となっておりましたので残念ながら写真は撮れませんでしたが…眩いステンドグラスが輝き、幻想的でした!



大浦天主堂より坂道を更に登って行くと…



私の本日メインイベント!



「グラバー園」へと入っていきます。




グラバー園は長崎港開港時に来住したイギリス商人「トーマス・ブレーク・グラバー」達の旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築し、野外博物館の状態を呈しています。



その敷地内には「旧グラバー邸」が残っており、見学もできるようになっております。



あっ、因みにやっぱりこちらも世界遺産です。



さて「トーマス・グラバー」…



耳にした事ありますか?



歴史に詳しい方、坂本龍馬が好きな方は当然ご存知だと思われますが…




最近になって、あまり歴史に興味が無い方でも「トーマス・グラバー」の名前は聞いた事あるな?…ってくらいに広まっていきます。




NHK「龍馬伝」などのドラマや歴史番組とかからでは無く…



何か違うベクトルからの広がりをみせているんですよね。




それは都市伝説です…




「トーマス・グラバー」は「フリーメイソン」の一員だったという都市伝説が出ているんです。



フリーメイソンについては多くは語りませんが…

※まぁ、簡単にいうとミステリアスな逸話部分が多い秘密結社という噂が都市伝説として広まっています。

興味を引くお話が多いです。




特に小説&映画「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」などがヒットし…



一気に日本でも「フリーメイソン」はメジャーネームと化しました。



以来、色々と龍馬とグラバーの関係にはフリーメイソン説が付きまといます…

(あくまで都市伝説としてですよ!)



それを証拠付けるものとして…このグラバー園内に「フリーメイソン」のシンボルが刻まれている門柱があるそうなんです!



ミステリアス!!!!



いつか行く機会があれば探してみたいと思っておりました!!



そして今回チャンス到来!!となった訳です(笑)



とは言えどちらかというと坂本龍馬と縁深い場所で胸がトキメキますです~!!



坂本龍馬と言えば維新における最大の功労者となりますが…脱藩した一介の浪人が薩長同盟を仲介するなど…名立たる志士達と対等に渡りあったということに疑問が湧きます。



その裏には龍馬は武器商人しての顔があり、その武器関連を手引きしていたのがこの「グラバー」だったとされています。



というとツッコミが多々入りそうですが…あくまで端的にいうとこいう事で(笑)



他にも前回書いた軍艦島に大きな関わりがある「岩崎弥太郎」三菱社の創設や「伊藤博文」などの留学への尽力したりと、未来ある若者への援助もしていた様です。



お酒を飲む人なら誰でも知っているであろう「キリンビール」のあのマーク(麒麟のやつ)も当時スーパーバイザー的な立場にいたグラバーの発案らしいです。



麒麟というのは動物園にいる「キリン」では無く空想上の生き物です。



頭が「」の様で身体が「」の様なその姿…




グラバーが龍馬への感謝の意味を込めてこのマークにしたという噂が出ているんですね。



これまた都市伝説なのですが…ちょっとロマンティックですね。



さて、この旧グラバー邸…欧風の建物です。



今じゃ良く見かける造りかもしれませんが…当時の人は何やら異次元に来たくらいのショックを受けるんでしょうかね(笑)



日本家屋とは全く別モノですからね~




このグラバー邸内なんですが…隠し部屋も公開されています。



天井裏にある屋根裏部屋になるんですが…



構造が今じゃ普通のグルニエ(屋根裏収納)タイプです。(笑)



実はこの隠し部屋で幕末の志士達が密会をしていたと言われております。



当時は閉めてしまえば…まぁ、気付く人はいないでしょうね。



この部屋は登って覗く事は出来ずミラー(鏡)越しに中の様子が伺えるようになっています。



写真を撮ってみましたが…




これじゃ…何だか良く分からないですね(汗)



ぶっちゃけ



肉眼でも良く分からんです!(笑)

( ̄_ ̄)




グラバー邸を後にし先程の「フリーメイソンシンボル」を時間が許す限り探してみたんですが…






発見出来ず!!




ちっきしょーう!




一般人が進入禁止の場所がこの園内には結構あるので…その何処かになるのかな??



写真に収めて皆さんに見せたかったです!




最後は佐賀県へ入り、今回の研修ラストの場所へ…



佐賀と言えば「佐賀牛」!!



去年の神戸で「神戸牛」を頂きましたが今回も…



A5ランクだそうです!

ヽ(´▽`)/ヤッタ~




やっぱり美味いです!!ラストに相応しい!!



佐賀牛ですが…神戸牛と比べると同じA5でも脂分が多く、こてっりした味わいな感じがしました。



やっぱり違うんですね牛によって…



白飯が抜群に合うって感じ!です。



機会があれば是非、食べてみて下さい。






さて、3日間の研修期間…とても充実した日々でした。



凄く素敵な所ばかりでしたよ。



長きに渡り書いてきた研修日記-2017-もこれにて終了です(笑)



ダラダラと続いてしまいましたが最後まで読んで頂いた方…



本当にありがとうございました。



少しでも良さや「行ってみたいな」と思ってもらえたら嬉しいです。



それではまた!

ヽ(´▽`)/







≪ 前へ|北本・桶川のイベント情報&研修のお話も   記事一覧   今年も残すところ…|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約